東慶寺の夏をいける「二人の花」展
b0347659_15170405.jpg
雨宮ゆかさんと、井上米輝子さん、
二人のいける東慶寺の夏。

今回は、フィリピン諸島の籠がたくさん、
会場に並びました。
たくさんの島から成るフィリピン。
土地土地で、籠の素材や編み方、
仕上げにも様々な風合いが感じられます。

b0347659_15405325.jpg


他にも、こちらは岡本詳三さんの
亀甲竹の掛け花入。

b0347659_15200575.jpg
目にも涼しいガラスのうつわは
鈴木玄太さんのオリーブカット楕円皿。

b0347659_15215470.jpg
本間幸夫さんの栗四方 錫蒔花器。
葉の緑が美しく映えます。

b0347659_15330148.jpg
b0347659_15331617.jpg
会場では
次々にお花が、景色が、変わっていきます。

会期は7月5日(日)まで。
北鎌倉へどうぞ、お散歩にお出かけください。

by tokeiji_gallery | 2015-06-26 15:36 | 東慶寺ギャラリーだより | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://tokgallery.exblog.jp/tb/24628129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ブログ 禅 -Blog .. at 2015-07-07 09:01
タイトル : 東慶寺の夏をいける「二人の花」展 その1
  6月26日より7月5日まで、鎌倉は東慶寺さんにてお花のレッスンを担当なさっている雨宮ゆか先生と、寺庭・井上米輝子さんの「二人の花展」が開催されていました。これに伴い、28日には雨宮先生によるワークショップ「夏を生ける」が開催され、お邪魔させていただきました。会場は東慶寺内の白蓮舎。こんなところで花が生けられると思うだけで、はやる気持ちを抑えがたく。夏らしくフィリピンの籠に生けるのだとか・・・。籠には目が無い私にとって、たまらぬ魅力。しかも、長らくフィリピンの籠を蒐集してこられた方が、大切...... more
<< 東慶寺の夏をいける「二人の花」展 橋村大作・野美知 ガラス展 和... >>



北鎌倉ギャラリー空(旧 東慶寺ギャラリー&ショップ)のブログです。主に展示のお知らせをご紹介をしています。
by gallery_KUU