二人の和紙展 〜井谷伸次と鈴木光典の仕事〜
b0347659_11270349.jpg
2017年6月3日(土)〜11日(日)
10時〜17時 会期中無休

奥出雲に江戸時代から続く斐伊川和紙の
紙漉職人 井谷伸次さんと江戸経師二代目
の鈴木光典さんが、「作り手」と「使い手」
というそれぞれの立場から、和紙の可能性を
発信しています。

「くらしに和紙を」
日本の美しい自然から授かった「和紙」。
その独特の風合いを日々の暮らしに生かす
方法を提案します。今回は井谷さんの和紙を
素材に紙布を織る島根の結工房 戸田昌代
さんの小品も展示します。お楽しみに。

新作「黄金色の紙」
まばゆい金の光沢を和らげるために、
金箔に薄い絹を貼る「裏箔」という技法が
あります。やわらかく、渋く美しい金色です。

手漉き和紙の強靭さをもちながら、デリ
ケートな裏箔のもつ日本独特の渋い黄金
色のイメージを表現できないだろうか。
井谷伸次さんの挑戦にご期待ください。

特別醸造酒「光伸(こうしん)」試飲販売
今年も奥出雲 木次酒造さんが和紙展の
ために特別に醸造した「光伸」を会期中
限定で試飲販売いたします。

■オープニングパーティ
日時 6月3日(土) 16時より
会場 東慶寺ギャラリー&ショップ
参加費 500円(消費税込み)

ご予約、お問合せは
東慶寺ギャラリー&ショップまで
tel 0467-50-0460
e-mail gallery@tokeiji.com
※ご予約の際は、希望企画名、
数量、お名前、ご連絡先電話番号
必ずお知らせください。
※留守番電話、e-mail にて
お申し込みの方へは、必ず
お返事をいたします。
ギャラリーよりご連絡のない
場合は、お手数ですが再度
お申込のご確認をお願い致します。

by tokeiji_gallery | 2017-05-16 11:41 | 東慶寺ギャラリーだより | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tokgallery.exblog.jp/tb/26859834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 【予告】こまやかな手 日下田 正 展〜益子の藍染めと織り〜 >>



東慶寺ギャラリー&ショップのブログです。展示のお知らせや、取り扱い商品のご紹介をしています。
by tokeiji_gallery