カテゴリ:東慶寺ギャラリーだより( 94 )
ガラス展「和の風景」
b0347659_15303901.jpg
お天気にも恵まれて、三連休初日。
今日から、橋村大作・野美知 ガラス展「和の風景」がはじまりました。
b0347659_15311502.jpg
b0347659_15310173.jpg
うつわやオブジェに加えて、今回は掛花入がたくさん。
花のうつわは、水やお花が入るとまた表情も変わります。
b0347659_15313138.jpg
b0347659_15314651.jpg
三連休、橋村大作さんは在廊の予定です。
少しお天気が心配ですが・・・、
ガラスと橋村さんに会いに、お越しください。

by tokeiji_gallery | 2014-10-11 15:42 | 東慶寺ギャラリーだより | Trackback | Comments(0)
ギャラリー10月のおしらせ その1
b0347659_11101983.jpg

橋村大作・野美知 ガラス展
「和の風景」
2014年10月11日(土)〜19日(日)

鎌倉 極楽寺のスタジオで制作を続ける
橋村大作さんと野美知さん
北鎌倉での初個展です

色々な光が宿って、不思議な世界がひろがる
大作さんのガラス

混ざりあう色が、柔らかな音色を奏でる
野美知さんのガラス

今回は、花、茶、香など
「日本の素敵なもの」を大切に包み込むような
ガラスを、思い思いに制作します

会場の様子はこちら


by tokeiji_gallery | 2014-09-26 11:31 | 東慶寺ギャラリーだより | Trackback | Comments(0)
茶人二十一人の茶杓展 はじまりました。
b0347659_15371035.jpg


毎夏恒例となった東慶寺「茶杓をけずろう会」。
今年は2日間で合計20名の方が参加して、
思い思いの茶杓作って頂きました。

参加者のみなさんと、講師の森脇泉さん、
合計21名の茶人の茶杓を
ずらりと展示しています。

b0347659_15373450.jpg
茶杓の材料となるのは、講師の森脇泉さんから分けて頂いた煤竹。
かつては茅拭屋根の骨として、家を支えてきた煤竹は、
百年以上の時間をかけて燻されて色がつき、
様々な表情を増してきたもの。

茶杓の様々な表情を見ていると、
あっという間に時間が過ぎていきます。



b0347659_16054610.jpg
b0347659_16055668.jpg
森脇泉さんの茶杓は10点。
左の写真の3本は、赤穂浅野家の菩提寺であった
久学寺の本堂から取り出された煤竹の茶杓。
600年ほどの経った煤竹だそうです。

右の写真も森脇さんの茶杓ですが、筒、蓋にもご注目!
煤竹から、アクリル樹脂、試験管、般若心経和紙筒など、
その斬新なアイディアに驚いてしまいます。

b0347659_15434144.jpg

会場には、晩夏の東慶寺のお花も入れています。
会場で、ゆっくりとした時間をお過ごし頂ければ
嬉しいです。




by tokeiji_gallery | 2014-08-27 16:35 | 企画展 | Trackback | Comments(0)
茶人二十一人の茶杓展
b0347659_18013518.jpg

会期 2014年8月26日(火)〜31日(日) 10時〜17時
恒例の東慶寺「茶杓をけずろう会」の参加者と講師森脇泉先生の
作品も含めて、二十一人の茶人の手作り茶杓が一堂に会します。
まだまだ暑いさなかですが、少し涼みに、どうぞお出かけください。

by tokeiji_gallery | 2014-08-24 17:58 | 東慶寺ギャラリーだより | Trackback | Comments(0)



東慶寺ギャラリー&ショップのブログです。展示のお知らせや、取り扱い商品のご紹介をしています。
by tokeiji_gallery